法律が存在する意味とその理由とは

法律というものの中にはそこに住んでいる方の権利を制限したり、自由を縛ったりする可能性があるものも含まれています。
どうして住んでいる方の権利や自由を制限する必要があるのでしょうか。
例えばある方の権利を無制限に認めたとします。
すると、その方の権利が別の方の権利と衝突することがあります。
権利を無限に認めることは別の方の権利を阻害することにもなり得るということです。
権利の衝突なしにして国民全ての権利を認めるということは物理的に不可能と言えます。
そこで法律によって権利を制限することで衝突を未然に防いだり、衝突しても解決を円滑に行ったりすることが出来ます。
つまり、法律は権利を制限するものである一方、権利を守るものでもあるということです。
法律をどこまで厳罰するかということには度々議論が起こります。
法律が厳しくなっていた方が危険性を未然に取り除ける可能性が高くなりますが、自由度が下がってしまう恐れもあるからです。
そのため、慎重な議論が求められています。

法律家が就業規則
における労務トラブルを防ぎます

結婚生活が墓場に変わったら