裁判と法律の解釈の難解さに関して

裁判員制度が導入されて随分になりますが、トータルで考えると良い試みと言えるのではないでしょうか。
法律の知識は一般人には少ないですが、だからこそ裁くことが出来るのではないでしょうか。
凶悪事件の裁判は難解ですが、それまでの判決を振り返ると、あまりに被害者の人権が蔑ろにされていました。
加害者有利になっていた側面がありますし、裁判員制度によって改善が進むのは良いことではないでしょうか。
これからの課題としては、人口減少ではないでしょうか。
裁判員の数を確保するには、一定の人口がキープされているのがベストです。
予備裁判員の数も含めてになりますし、承諾してくれる人員を揃えることが必要になります。
日本の司法制度は曲がり角になっていますが、国を挙げた取り組みが求められているのではないでしょうか。
死刑制度の存続を含めてですが、国民が意識を高くもつことではないでしょうか。
そうすることで、議論が深まり結論が見出だせます。

sub置換


sub置換